HSCって何?What is HSC?

「HSC」(Higher School Certificate)は、ハイスクール卒業後に行われるNSW州の高校修了試験・大学入学統一試験です。日本でいえばセンター試験に相当します。HSCはNSW州における試験制度であり、他州では違う制度・名称のもと同様の趣旨の試験が行われています(例:VIC州はVCE、QLD州はQCEなど)各州の試験結果は他州の大学入試においても有効です。

 

The Higher School Certificate (HSC) exam is a state-wide exam conducted at the end of Year 12 in NSW. The results of the HSC exam combined with the students’ school results form the basis of the admission rank for tertiary institutions. Other Australian states and territories have their own curricula and examinations, such as VCE in Victoria and QCE in Queensland.  The results of the examination taken in one state are valid for entry into universities in other states. 

日本語の履修に関する現状 

The Current Status of Japanese Courses

大学入学資格試験でもあるHSCコースでは、一貫性に欠くと見られる履修基準が設けられており、特に日本語を含む4つのアジア言語コースに於いてその傾向が強く、受験生や保護者が戸惑うことが多々あります。NSW州では、HSCの履修科目として履修できる言語コースには多種多様な言語/レベルのコースがあり、日本語に関しては現在下記の3つのレベルのコースとなっています。そこでは各レベル毎に履修基準が設けられています。

*日本語Beginnersコース

*日本語Continuers、Extensionコース

*日本語Japanese in Context コース

 

There are inconsistent eligibility criteria applied to some HSC courses.  The inconsistencies are particularly prominent for the four Asian language courses including Japanese, which often lead to confusion for students and their parents.  There is a wide variety of languages at different levels offered for the HSC in NSW.  The following three courses are currently available in Japanese. Students must meet the eligibility criteria to enrol in these courses. 

  • Japanese Beginners

  • Japanese Continuers + Extension

  • Japanese in Context

 

日本語の履修問題点

その1・履修基準・その曖昧さと一貫性の欠如

 

現在NSW州では、日本語Continuers コースを選択する場合、以下の履修基準を満たす必要があります。NSW Education Standards Authority (NESA)サイト

*Y10の申込時点から遡って過去10年間で通算で日本居住歴が3年未満であること

*小学校入学以降日本語を指導言語とする正規教育を受けた年数が1年未満であること

この履修基準によって、「保護者のどちらかが日本人という事実だけで、家庭内で日本語を常時話していると 判断され、本人の日本語能力に関わらず、希望のコースが選択できない場合があります。」及びに小学校一年生以上の日本の教育課程を一年間以上受けている場合 にも、Continuersコースは選択出来ない”ような履修条件が設けられています。

Issues Related to HSC Japanese

 

  1. Eligibility Criteria, their Ambiguity and Lack of Consistency 

 

In NSW, students who wish to take the Japanese Continuers course must fulfill the following eligibility criteria:

* Students have had no more than three years residency in the past 10 years in a country where the language is the medium of communication.

* Students have had no more than one year’s formal education from the first year of primary education (Year 1) in a school where the language is the medium of instruction.

 

Due to the eligibility criteria, students are often unable to take the Continuers course even if the course is best suited to their Japanese proficiency.  If one of their parents is Japanese, they are deemed to be using Japanese for sustained communication at home and is considered ineligible to take the course irrespective of their Japanese proficiency. Furthermore, students are ineligible to take the Continuers course if they have had more than one year’s formal education from the first year of primary education in a school where Japanese is the medium of instruction.


 

​​​その2・言語コース間のギャップと差別

アジア四言語以外の言語のContinuersコースは、10年間当該言語で正規教育を受けた生徒も受けられ、当該言語国での滞在年数や家庭での使用言語を問われることはありません。しかし、日系の生徒の場合、1年以上日本語で正規教育を受けた、過去10年間で3年以上日本に住んでいた、家庭で単純な日常会話を日本語で交わしているというだけでContinuersコースを履修することは認められJapanese in Contextコースを履修するか、日本語履修を諦めざるを得ない状況となっています。アジア四言語以外は、HSC前に積み重ねた子供や家庭での努力ならびに当該言語に触れる環境が有利に働くが、アジア四言語の場合はそれが不利となります。

 

履修条件があるため、Continuersコースを受ける資格がないと判断されたが、Japanese in Contextコースはハードルが高すぎるので日本語学習をあきらめざるをえないといったコース間のはざまに落ち込んでしまう生徒がいます。

 

その一方で2010年にセルビア語のHSC ContinuersコースでNSW州一位となった生徒は教育大臣の表彰を受け、地元紙にその記事が載っていました。その子はセルビア語が第一言語であるが、HSCのセルビア語Continuersコースは、セルビア語で日常会話をしているだけでは難しく、州トップの成績をおさめることができたのは、献身的に(言語)教育をしてくれた母親のおかげであると語っています。


Discrepancies and Discrimination between Language Courses

 

For language courses other than the four Asian languages, the Continuers course is available to students who have had formal education for as long as ten years in schools where the relevant language is the medium of instruction.  They are not questioned about the number of years spent in the country of the language in question or about the language spoken at home.  However, students with a Japanese background are considered ineligible to take the Continuers course if they have had more than one year of formal education in a school where Japanese is the medium of instruction, lived in Japan for more than 3 years in the past 10 years, or speak very basic Japanese at home.  Their choice is to enrol in the In Context course or opt out of studying Japanese for their HSC.  In addition, students are ineligible for the In Context course if they have been educated beyond the age of ten in a school where the medium of instruction is Japanese.  The only choice available for such students is the Literature course which requires reading comprehension equivalent to students in Year 9 in Japan.  For languages other than the four Asian languages, effort by the students and their families to extend the students’ language capabilities and providing opportunity for exposure to the relevant language work to their benefit.  For the four Asian languages, such effort and environment disadvantage the students.

 

There are students who are considered ineligible for the Continuers course but find the In Context course far too difficult.  Such students fall in the gap between the courses and have no choice but to give up studying the language of their choice.  

 

On the other hand, there was an article in a local newspaper in 2010 about a student who came first in NSW for the HSC Continuers course in Serbian and was given an award by the Minister of Education.  Serbian was her first language but the student said that HSC Serbian Continuers was difficult for someone who simply speaks everyday Serbian. She said that she was able to score the highest result in the state because of her mother who dedicated herself to teaching Serbian to her.

その3・言語以外の科目の差別

英語、数学、音楽などの科目には難易度の異なるコースがあり、例えば音楽にはMusic 1とMusic 2があります。音楽家を家族に持つ子供は幼少時から音楽に親しみ、家庭でのサポートもあり、音楽の個人レッスン等も受けている場合が多いですが、Music 1の受講資格は失わないし、より難しいMusic 2の受講を強制されることもありません。一方アジア四言語については、履修資格基準の下で生徒の生い立ちが問われ、子供が幼少時から言語に親しめるよう家庭でサポートしたことや 子供が土曜学校などで努力して勉強したことで、希望のコースの履修資格はないとみなされ、難易度の高いコースをとるか、当該言語の履修を諦めるしかない状況となっています。つまり、他の科目ではHSC前に積み重ねた子供や家庭の努力が有利に働くが、アジア四言語の場合は不利となっています。

 

Discrimination in Subjects Other than Languages

 

There are differentiated courses in subjects such as English, Mathematics and Music.  For example, there are Music 1 and Music 2 courses. Children from families with musicians tend to be surrounded by music from a very young age, supported at home to learn music and often taken private music lessons.  Such students do not lose the eligibility to study Music 1 nor are they forced to take the more difficult Music 2.  However, when it comes to the four Asian languages, the students’ upbringing is questioned under the eligibility criteria.  Indeed, if the students’ families supported them at home from a young age to become familiar with a language other than English or the students studied at community language schools, they are often considered ineligible for the course they wish to take.  Their choice is to take a course that is too difficult for them or to give up studying the language altogether for their HSC. Effort on the part of the students and their families before the students’ HSC years work to their credit for all subjects but not for the four Asian languages.

その4・Japanese in Contextコース導入後

 

2012年より履修可能になったJapanese in Contextコース* がアジア4言語のみのためにつくられました。以前のBackgroundコースに代わるJapanese and Literatureコースという日本の中学校3年生以上の国語力を要する コースも現在では最低必要人数が満たされないため休止されてしまいました。それでもまだまだ根本的な問題解決にはいたっておらず、HSCで日本語学習継続をすることができにくい状況となっています。

 

After the Introduction of the Heritage Course

 

Heritage courses, now called in Context courses, became available for the four Asian languages in 2012.  As a result, some students who are considered ineligible for the Continuers course are now able to continue studying Japanese for their HSC, instead of their only choice being the very difficult Background Speakers Course, called Japanese and Literature, which require Japanese proficiency of Year 9 students who are born and raised in Japan which is discontinued and not offered for the HSC.  However, fundamental problems are yet to be solved making it difficult for many students to continue their study of Japanese for their HSC.

 

その5・日本語Japanese in Contextコースを教える学校の少なさ


現在NSW州でJapanese in Contextコースを教えている学校は、NSW School of Languages(旧:Open High School)(NSW州立言語専門通信教育ハイスクール)とSecondary Collage of Languages, Chatswood Centreの二校のみ。また日系生徒数が少ないため、日本語教員がいる学校でもJapanese in Contextコースを開設していないのが現状です。

 

Limited Availability of Schools Teaching Japanese in Context 

 

Currently, there are only two schools which teach the Japanese in Context Course in NSW: NSW School of Languages (formerly Open High School) and Secondary Collage of Languages, Chatswood Centre.  Due to the small number of Japanese background students, schools do not offer the In Context course even if they have Japanese teachers.

日本語クラス受講の主な流れ

 

 

 

現在NSW州では、言語(外国語)は必修科目で100時間ほど学習することになっていますが、7年生から8年生まで受講し、9年生からは生徒が自由に選ぶ選択科目としている学校がほとんどです。

在籍する学校に日本語クラスがある場合には、日本語クラスを選択する事ができますが、在籍する学校に日本語クラスがない場合には、NSW School of Languages(旧Open High School :NSW州立言語専門通信教育ハイスクール)か、Secondary Collage of Languages, Chatswood Centreで日本語を学ぶことができます。どちらの学校も公立の言語専門ハイスクールで、申し込みには在籍する学校の校長の承認が必要です。

 

11年生からはHSC科目を学習しますが、英語以外はすべて選択科目です。日本語を選択希望した場合、履修条件に基づいて受講資格の有無が判断されるため、許可がおりずに受講できない事例が多々あります。

在籍する学校に日本語クラスがある場合の主な流れ

下記の図のオレンジの→が受講できない事例が発生している主な受講の流れです。

※Japanese and Literatureコースは受講者・受験者数が最低必要人数を満たさなかった為現在は休止中。

IMG_0547.JPG

在籍する学校に日本語クラスがない場合の主な流れ

下記の図のオレンジの→が受講できない事例が発生している主な受講の流れです。

※Japanese and Literatureコースは受講者・受験者数が最低必要人数を満たさなかった為現在は休止中。

7年生から10年生は申し込みを希望することができます。料金は無料です。

 

お申込み手続きはこちらから

https://sclanguages.schools.nsw.gov.au/

申込書のダウンロード

https://sclanguages.schools.nsw.gov.au/enrolment.html

 

HSCJCでもジュニアクラス希望者の人数を把握したいため、お手数ですが下記までご一報頂けましたら幸いです。

連絡先:hscjcm@gmail.com

IMG_0546.JPG

日本語クラス申し込みの流れ

NSW School of Languages、Secondary Collage of Languagesへの日本語クラス申し込みの主な流れです。

NSW School of Languagesは、在籍校で自習する形で受講しますので、在籍校側で受講中に監督する先生が必要となります。

Chatswood Centreでは、土曜日にChatswood High Schoolへ行き、クラス内で日本語の先生による授業を受講します。

 

※履修資格の有無が判断されるのは新学期に入った2月頃になります。入学資格が無いと判断された場合に備えて1科目多くHSC科目を選択しておくことをお勧めいたします。

IMG_0545.PNG

受講が許可されなかった場合の対処方法

受講不許可の理由が不当だと思う場合には、NSW Education standards authority(元the Board of Studies, Teaching and Educational Standards NSW (元BOSTES)に対して不服申し立てを行い、Australian Human Right Commissionに中立的な立場からの仲裁を依頼することができます。

Australian Human Right Commissionに依頼すると、不服を申し立てられた側は必ず文章での正式な回答を出さなければなりません。

 

本来、誰でも受講申し込みはできるはずですが、未だに言語担当の先生や校長からHSC履修条件にはない『母親が日本人だから受講資格がない』とか 『補習校に通っていたから受講資格がない』等、生徒に口頭で伝えるなど誤った対応と理解が教育現場に広がっており、受講申し込みすらできない生徒がいるのが現状です。

 

しかし学校側から受講資格がないといわれ、上記のような対処を行ったところ、学校側から受講を認める通知が直接届き、AHRCへの依頼を取り下げた事例もあります。

 

NESAに沢山の申し立てが届くことで、実際の教育現場での理解不足が周知され、本来は受講できるはずの生徒が受講できないなどという間違いの抑止力にもなります。

 

また、どんなにNESAへ直接的な抗議行動を行っても、NESA側は『実際の不服申し立てはほとんどない』という事を大きな盾として交渉に応じようとしませんし、実際問題としてある程度の実害報告がなければNESA側も応じたくても応じられないという現実があります。

 

皆さん一人一人の実例をNESAに伝える事が何よりも行政側を動かす大きな力となります。未来ある子供たちのより良い学習環境を作るには皆さんの行動が不可欠となります。

 

1つでも多く実際の体験を報告する事がとても重要です。

HSCJCでは、手続きなどのお手伝いを無料で行っておりますので、是非お問い合わせください。

お問い合わせ先:enquiry@hscjapanese.org.au